長崎大学 長崎大学 保健センター 長崎大学 保健センター
文字サイズ

センター長挨拶
センター長
 学生及び職員の健康と安全を守る要としての役割
 
  長崎大学保健センター長の西野友哉です。どうぞよろしくお願いいたします。

  当センターは、1964年の長崎大学保健管理所発足にはじまり、1966年に長崎大学に保健管理センターが設置され、学生、職員の皆様の健康管理に注力してまいりました。
 2008年に保健・医療推進センターへ改組となり、その翌年には急増する心の問題について対応すべく、カウンセリング部門も新設されました。改組から10年となる2018年の節目の年には、「優れた教育と研究は心身の健康によって創造される」という調 漸前センター長発案のもと、「ヘルシーキャンパス構想」が走り出しました。具体的には、全学の敷地内完全禁煙、生協と連携したヘルシー弁当の企画、長崎市内のスポーツクラブと連携したメタボ対策のための「ススムンピックVer.2」などです。

  2020年、河野 茂学長は、「プラネタリーヘルス:長崎大学は地球の健康のために貢献する大学」を目指すことを宣言されました。「ヘルシーキャンパスプロジェクト」もそのコンセプトを具現化する一歩と考えています。そして今、私たちは新型コロナウイルス、COVID-19の感染症にみまわれています。新入生をはじめ学生、職員の皆様は普段よりもストレスや不安を多く感じていることと思います。当センターは、メンタルヘルスの一層の向上を目指した取り組みなども引き続き行ってまいります。
 このたびの改組に伴い、2021年4月から当センターの名称が「保健センター」となりました。シンプルで、わかりやすい名称になったと思っております。
 私たちは、本学の学生、職員の健康的なキャンパスライフの向上をミッションとし、多職種からなるセンタースタッフは一丸となって力を注いでまいります。
 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
                                                                                                                                          2021年4月                                                                                                                     保健センター長                                                                                                                   西野 友哉

トップへ