長崎大学 長崎大学 保健・医療推進センター 長崎大学 保健・医療推進センター
文字サイズ
研究紹介
勤労者における生活習慣病及びメンタルヘルスリスクの研究
【研究課題名】
勤労者における生活習慣病及びメンタルヘルスリスクの研究
【研究等責任者】
長崎大学大保健・医療推進センター 准教授 古林 正和
【研究の実施場所】
長崎大学保健・医療推進センター
【目的・内容】
研究者らは,これまでに年齢範囲18-25歳の本学学生において,生活習慣病の罹患について検討を行い、学生に対する健康教育・啓蒙に役立ててきました。しかしながら,本学職員に対する生活習慣病の罹患についての検討は十分ではありませんでした。そこで、過去(2010年以降)から2019年までの健康診断データの分析によって,ライフスタイルが心身の健康に及ぼす影響を明らかにすることにより,長崎大学職員に,生活習慣病予防の具体的な方法を提示できる可能性があります。
【試料等提供者】
長崎大学保健・医療推進センターの健康診断の対象となった本学職員
【研究期間】
承認後~令和2年3月31日
対象数は毎年約4,000名(長崎大学職員で健康診断を受ける者)であり,他の施設での症例はありません。
【倫理的問題点等】
人権の保護および法令等の遵守への対応としては、厚生労働省の人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に従います。得られた資料はすべて機械的・統計的に集団で処理し、個人が特定されないようにします。データは、名前を連結可能匿名化した上で扱います。データベースは、データ管理者が保健・医療推進センター内に厳重に保管し、研究終了後に直ちに削除いたします。
【試料等提供者またはその家族等の人権の擁護】
人権の保護及び法令等の遵守への対応としては、厚生労働省の人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に従います。得られた資料はすべて機械的・統計的に集団で処理し、個人が特定されないように設定いたします。
【予測される研究対象者等に対する危険または不利益】
本研究のためのデータは、研究等責任者がセキュリティー設定した記録メディアに入力し、そのメディアは、保健・医療推進センター内の鍵付き保管庫に厳重に保管しているため、情報の漏洩等はないよう、また、危険及び不利益を与えることのないように配慮いたします。
【試料等提供者に対する健康被害の補償】
■ 無 □ 有(内容:                        )
【個人識別情報を含む情報の保護の方法】
  • 得られた研究対象者の個人データは、名前を匿名化し、連結可能匿名化した上で扱います。
  • 研究発表の際、個人を特定できる記載を盛り込まないようにします。
  • 【研究等の期間及び当該期間終了後の試料等の保存又は廃棄の方法】
    研究期間中のデータは,保健・医療推進センター内にあるキャビネットに保管し、研究終了後に直ちに廃棄いたします。なお、研究の途中であっても,研究にご自分のデータを使用してほしくない等の理由で,研究への参加を拒否することができます。研究への参加拒否の方法については,下記の研究に関する連絡先が窓口となっています。
    【研究に関する連絡先】
    長崎大学保健・医療推進センター 准教授 古林 正和
    TEL:095-819-2214

    トップへ